お問い合せ
お気軽にお問い合せ下さい。
携帯番号 FAX番号 フォーム

行政書士試験に簡単に合格する裏技

解決ユキマサくん!

空き家問題・空き家対策

空き家問題は何が「問題」?
空き家が引き起こす問題

空き家問題というからには、空き家が原因で何らかの問題が起きているということです。

さて、ここでクエスチョン。

Q.空き家が原因で起きている何らかの問題、ですが、重要なのは1と2のどっち?

  1.どんな問題が起きているか
  2.誰が被害を受けているか


A.正解は2番「誰が被害を受けているか」でした。引き続きもう1問。


Q.空き家問題で被害を受けている人は1と2のどっち?

  1.空き家の所有者
  2.空き家の近所に住んでいる人


A.こちらも正解は2番「空き家の近所に住んでいる人」でした。


先に2問目から説明

順序的に2つめのクエスチョンから解説します。

空き家所有者が受ける被害としては、放置により建物の資産価値が低下したり、他人に侵入されたりゴミを捨てられたり、といったものが考えられます。が、いずれも単なる自業自得です。

「問題」の本質は、空き家が所有者以外の第三者、特に近所に住んでいる人に対して損害を与えたり迷惑となることにあります。全く悪くない近所の人が迷惑を被ることが「問題」なのです。


1問目の説明

近所の人といっても、隣や向かいなど位置関係が変われば空き家から受ける影響も変わります。

したがって、空き家を原因としてどんな問題が起きているかも確かに重要なのですが、空き家問題を考える上では「そもそも被害が第三者に及んでいるか」の方がはるかに大きなポイントなのです。

「空き家問題」は近隣住民が迷惑を被っているかを基準に判断します。逆に、近隣住民に迷惑が生じていなければ、空き家問題はまだ表面化していないと言うことができます。


都市型空き家問題、郊外型空き家問題
都市型・郊外型それぞれの意味

空き家問題を「都市型」と「郊外型」に分けて考える方があります。

都市型空き家問題とは、空き家が近所迷惑を生み近隣住民により問題となるタイプのもので、本稿で単に“空き家問題”としているものは、この都市型空き家問題を指します。

対して、郊外型空き家問題とは、空き家が増えることで地域に活気がなくなり、商店・学校等の施設閉鎖や自治体の税収不足による行政サービス低下を近隣住民が問題とするタイプのものです。


郊外型空き家問題は過疎や人口減少の問題

議論はあろうかと思いますが、郊外型空き家問題は過疎や人口減少の問題であり、空き家問題ではないと当職は考えます。また、現に都市部以外でも都市型空き家問題は随所に発生しており、決して都市部に限った問題ではありません。

過疎や人口減少の対策として空き家を活用するのは大変有意義だと思いますが、空き家問題・空き家対策とはきちんと分けて考えるべきです。




空き家の定義  <<  >>  近隣住民の被る迷惑