お問い合せ
お気軽にお問い合せ下さい。
携帯番号 FAX番号 フォーム

行政書士試験に簡単に合格する裏技

解決ユキマサくん!

空き家問題・空き家対策

近隣住民の被る迷惑
空家等対策特措法の目的
空家等対策特別措置法1条
 この法律は、適切な管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることに鑑み、地域住民の生命、身体又は財産を保護するとともに、その生活環境の保全を図り、あわせて空家等の活用を促進するため、空家等に関する施策に関し、国による基本指針の策定、市町村(特別区を含む。第十条第二項を除き、以下同じ。)による空家等対策計画の作成その他の空家等に関する施策を推進するために必要な事項を定めることにより、空家等に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって公共の福祉の増進と地域の振興に寄与することを目的とする。

法律特有の言い回しですが、平たく言うと「空き家のせいで地域住民は色々迷惑しているから地域住民を何とかしてあげなきゃ。ついでに空き家の活用も進めたいね。だから国とか市町村はそれぞれルールを作って進めていこう。みんなでハッピーになろうよ。」みたいな感じです。


空き家問題の当事者は地域住民

空家等対策特措法は、立法の前提となる社会的事実として空き家が「地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしている」と明記しています。

この空き家問題では地域住民が被害者(当事者)となっている、というのは非常に重要な前提です。

すなわち、近隣住民を無視した空き家対策(=空き家問題の解消)はありえないことになります。近隣住民が関与せず、空き家所有者と事業者のみで進められる「空き家活用」は、この前提レベルからズレており空き家対策とは根本的に質が異なる、ということが分かります。


色々な迷惑のパターン
「生活環境に深刻な影響」ってどんな?
一般に空き家がもたらす問題5つ

一般に空き家から生じる問題は5種類に大別できるとされていますが、近隣住民の生活環境への悪影響(=近所迷惑)は、文字通り環境によって違うので誰がどんな迷惑を被っているかから判断すべきであって、空き家を主体として判断することにあまり意味はない、と思います。

「防災・衛生・景観」の3つが例で挙がっていますが、景観については、景観の悪化が近隣の迷惑になるほどに進行した時点では、他の問題が顕著になっていることが多いためか近隣住民から挙がってくることは稀です。


小さな迷惑から始まる

空き家問題といっても、最初の近所迷惑は小さなことから始まります。

例えば「空き家の雨どいが割れて雨水が全部流れ込んでくる」「手入れしていない植栽が伸びてきて邪魔」などといったことが発端となることが多いように感じます。

小さな迷惑は悪化しつつ積み重なり、複数の近隣住民に迷惑を振りまく中で、空き家問題として認識されていくことになるのです。



空き家問題は何が「問題」?  <<  >>  近所迷惑の原因となる空き家