お問い合せ
お気軽にお問い合せ下さい。
携帯番号 FAX番号 フォーム

行政書士試験に簡単に合格する裏技

解決ユキマサくん!

空き家問題・空き家対策

近所迷惑が生じやすい環境
一軒の家の影響力との関係

空き家問題、すなわち近所迷惑は近隣住民が当事者になります。したがって、空き家がもたらす近所迷惑は、家と近隣住民の関係が密接であればあるほど起こりやすい傾向があります。

そのため、家同士がぴったり隣接して建っている(現在の建築基準法では許されていないため、古い街並みが残っていることとほぼ同義)、近隣間のコミュニティが色濃く残っているなどの場合に、空き家の地域住民に早く・強く影響を及ぼしていきます。これらは京都の地域特性としてよく挙げられるものでもあります。


迷惑の種類との関係

前述の通り、一般的に空き家がもたらす問題として5つ「防災や防犯における不安」「カビやネズミ、雑草などの発生」「植栽・屋根・壁等が近隣や通行者を侵害」「地域イメージの低下」「不動産の資産価値低下」があるとされています。

密集市街地と呼ばれる災害対策上の問題地域では、防災や防犯については特に顕著な問題となります。
家が隣接している・長屋が多いなどの場合にはカビやネズミ等および植栽等の問題が顕在化しやすくなります。
観光地など地域ブランドを売りにしている場合、地域イメージや資産価値低下は問題となりやすいでしょう。

これらもまた京都のことを説明しているかのように、ことごとく当てはまっています。


地域コミュニティの影響
井戸端会議が空き家問題を明るみに出す

自治会や町内会、井戸端会議といった地域コミュニティによって近所迷惑が共通の問題として認識され、特定個人の被る迷惑を超えて空き家問題として認識されるに至ります。

仮に空き家を原因とする同じ現象が起きていても、地域コミュニティの密度により空き家問題として明るみに出るまでには大きな差があるのです。

京都で空き家問題が早くから数多く認識されていたのは、空き家が発生しやすく、地域特性から迷惑を生みやすいだけでなく、地域コミュニティを通じて地域住民共通の問題となりやすいという要素もあったと言えます。


地域コミュニティは空き家対策の主役

地域住民は空き家問題の当事者であると同時に、空き家対策の主役にもなります。行政や当職のような支援者はあくまで自治会や町内会をサポートする役回りでしかありません。

近隣住民の問題を自治会等の地域単位で問題視し、対策に乗り出す体制が作れなければ、空き家対策の第一歩が踏み出せません。地域コミュニティの密接度は空き家問題・空き家対策において欠かすことができません。

京都の空き家対策も自治会活動が活発な地域からスタートしています。


京都の次は東京

空き家の発生原因や地域特性から当てはまるのは、古い町並みを残す尾道や善光寺などや「小京都」と呼ばれる観光地ですが、これらの地域では既に空き家対策が活発に進められていることも多くなっています。

スポットではなくより広いエリアで空き家の発生原因や地域特性を満たしているのは東京です。東京の空き家対策はまだ確立していない感があり、今後の展開に期待を寄せています。



なぜ京都が最先端なのか  <<  >>  空き家対策の下準備