お問い合せ
お気軽にお問い合せ下さい。
携帯番号 FAX番号 フォーム

行政書士試験に簡単に合格する裏技

解決ユキマサくん!

空き家問題・空き家対策

空き家対策について
Q.京都は特殊すぎて他の地域では対応できないのでは?

A.具体的な問題や解決法には地域ごとの違いがありますが、空き家対策の根本は同じです。


Q.解決までの標準的な期間はどのくらいですか?

A.個別的な事情によりますが、半年~2年程度といったところでしょうか。


Q.地域コミュニティが形骸化しているのですが・・・

A.当該空き家対策のみでも地域コミュニティを形成することが望ましいでしょう。


Q.既に近所迷惑から争い事に発展してしまっています

A.相互に弁護士を立てている等の事情であっても、地域としてのメッセージを発することはできます。


Q.空家等対策特措法についてもっと説明してください

A.「はじめに」で載せたオススメ本の『空き家対策の実務』が役に立ちます。


Q.空き家問題の典型的な対策方法をもっと説明してください

A.「はじめに」で載せたオススメ本の『空き家の手帖』が役に立ちます。


ご依頼について
Q.京都から遠くても依頼できますか?

A.ご依頼いただけます。ただし、交通費等のご負担が高額になる点はご了承ください。


Q.行政依頼で地域に入ってくれますか?

A.可能です。場所や頻度、役割についてはご相談させていただきます。


Q.講演依頼でもよいですか?

A.もちろん平気です。過去にも行政・地域有志・士業団体等から様々な講演依頼等を頂戴しております。


Q.行政内部の対策チームに参加して欲しいのですが?

A.まったく問題ありません。ご依頼の仕方やルートに関してもご相談ください。


Q.近隣説明会に出席してくれますか?

A.弁護士法との関係で積極的な発言や意見表明はできませんが、出席はできます。


Q.宿泊施設事業者ですが近隣対策を依頼できますか?

A.コンサルティングであればご依頼いただけます。あいさつ回り等の担当者としてはお請けしません。



宿泊施設事業者側の考え方  <<